2011年8月15日月曜日

【イベント】Post 3.11の日本 Vol.3〜創造力の「今まで」と想像力の「これから」〜
 ゲスト:家入一真さん/石田光平さん

※本イベントでは、この秋開催予定のシンポジウム、『創造都市とグローバル・エコノミー~イノベーション社会の原動力はアート、デザイン、想像力~』に関連したテーマを選び、戦後最大の危機を日本にもたらした3.11の震災以後の新しい日本のカタチを模索しつつ、シンポジウム実行委員会のメンバーが様々な分野のゲストをお招きして、刺激的なディスカッションをお送りします。

第三回目のゲストは

・家入一真さん(株式会社ハイパーインターネッツ代表取締役/CAMPFIRE)
・石田光平さん(株式会社ハイパーインターネッツ代表取締役/CAMPFIRE)

クリエイターやアーティストが自らの活動資金を得るために、多くの人から少額ずつ支援をいただきながら資金調達をするシステム「ソーシャル・ファンディング」が現在注目を集めています。
これにより、それまで政府、自治体や企業等、ハードルの高い助成や投資、支援を受けることが出来づらかった個人も、人々の心に響くものであれば、場合によっては大きな資金を得ることができるようになりました。クリエイター、アーティストの生き方に大きな選択肢ができたといえるでしょう。

日本でも今年に入り、さまざまなソーシャル・ファンディング・サービスが生まれいていますが、クリエイター向けの代表格と言えるのがマイクロ・パトロン・プラットフォーム CAMPFIREです。
今回は、CAMPFIRE を立ち上げた家入一真さん、石田光平さんをゲストに迎え、立ち上げの理由や立ち上げ~運営を通して感じていらっしゃること、実際に起こっている事例などを語っていただきます。
それらを通じて皆さんと、ソーシャル・ファンディングの現状と日本における可能性と課題を探って行ければと思います。


■日時
2011年9月5日(月)19時30分~21時30分(予定) 開場 19時

■場所
金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス 13F会議室
(港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル)

※当日はエレベーターにて13Fに直接お越しください。

■参加費
一般 3,000円 学生 2,000円

■定員
100名

■申し込み締切
9月2日(金)中
※定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。

■参加申し込み方法
下記ページにあるフォームから必須事項を記載の上、お申し込みください。
http://fly8.jp/ccge2011-03

・お名前(必須)
・ご所属(必須)

■スピーカー・プロフィール

・家入一真(イエイリカズマ)

福岡県出身。2001年株式会社paperboy&co.の前身である合資会社マダメ企画を設立し、
個人向けレンタルサーバー「ロリポップ!」の提供を開始。
2008年12月、株式会社paperboy&co.ジャスダックに上場。2011年退任。
2009年4月、株式会社パーティカンパニー設立。都内に飲食店を6店舗運営。
“悪ふざけ文化創造企業” をスローガンに、人が集まる場をつくり出している。
2011年1月株式会社ハイパーインターネッツ設立。
2011年7月株式会社partyfactory”を設立。
クリエイターやスタートアップ起業家を支援するベンチャーキャピタルを始動。
著書に『こんな僕でも社長になれた』(ワニブックス)
・Blog:http://ameblo.jp/ieirikazuma/
・Twitter:@hbkr


・石田 光平(イシダ コウヘイ)

東京都出身。田んぼのオーナーになって、お米を大人買いできるサイト「農力村」を立ち上げ後、
“マイクロ・パトロン・プラットフォーム 「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」”を立案・運営。
2011年家入一真(partycompany Inc.会長、paperboy&co.創業者)とともにインターネット大好き企業の株式会社ハイパーインターネッツを設立。代表取締役に就任。趣味はバスフィッシング。
・CAMPFIRE:CAMPFIRE
・Twitter:@kohex
・Facebook:http://www.facebook.com/koheiishida

0 件のコメント:

コメントを投稿